PPCはキーワードを複数設定できるが、単一のキーワードだけでは、購買意欲のない人までサイトに導いてしまうことになる。
たとえば、「シャンプー」というキーワードでPPCした場合、もちろんシャンプーを解体人もサイトに訪れるが、
シャンプーの成分を調べたい人や、効果を調べたい人までもサイトに導きかねない。
そのクリックは購入に結び付かないクリックなので、できるだけ、購入意欲のある人のみサイトに導かないと、無駄にお金を使ってしまう。
なので、成分や効能といったキーワードを除外したり、「シャンプー 購入」などのキーワードを完全一致にして、そのキーワードで検索された場合にのみ広告を表示するといった方法を使う。
できるだけ経費は安く、売上を多く上げるようにしなくてはならない。