いくらシステムでページを量産したからといって、いつまでも検索エンジンのインデックスに残っているわけじゃない。

古くなったページや似たようなページは検索されにくくなるし、インデックスから削除されてしまう。

おそらく、検索エンジンのクローラーとページを評価するシステムは別々に機能しているため、インデックスされた時点では「仮のページ評価」しか受けられていない状態な気がする。

数日経過後、徐々にサイト本来の評価がされる。

似たようなページがあれば削除したり、検索順位を落としたりするわけだ。

検索されたキーワードでマッチするサイトがなければ、とりあえずマッチしているという評価のページが上位表示される。

おそらくこれは、仮の評価。

しかし、キーワードのみで量産したページは検索エンジンの評価が低いため、消える運命にある。

消えたと思えば、また追加されたページが上位にきて・・・

ある意味イタチごっこなワケだが、最終的にはキーワードで量産されたページは、まったく評価されなくなる日が来るのだろう。